日本东京国立博物馆国宝书法藏品欣赏

时间:2014-4-26 6:08:53   作者:书法欣赏   来源:www.yac8.com   阅读:10187   评论:0
内容摘要:日本东京国立博物馆国宝书法藏品欣赏,书法横幅作品图片六幅。南堂禅師墨蹟,紙本墨書,了庵清欲筆,縦27.9 横73.9,元時代至正元年(1341),松平直亮氏寄贈古林清茂の法嗣である了庵清欲(1288-1363)は,保寧寺,開元寺,本覚寺,霊巌寺に歴住し,順帝より金襴の法衣と慈雲普...

日本东京国立博物馆国宝书法藏品欣赏,书法横幅作品图片六幅。

日本东京国立博物馆国宝书法藏品欣赏

南堂禅師墨蹟,紙本墨書,了庵清欲筆,縦27.9 横73.9,元時代至正元年(1341),松平直亮氏寄贈

古林清茂の法嗣である了庵清欲(1288-1363)は,保寧寺,開元寺,本覚寺,霊巌寺に歴住し,順帝より金襴の法衣と慈雲普済禅師の号を賜った。この墨跡は,了庵清欲が本覚寺に住していた元の至元7年(1341)正月十七日に,日本から入元中である的蔵主に書き与えた一幅である。的蔵主の伝は詳らかでないが,禅寺での勤めを終え,帰国に際した的蔵主の求めに応じて書き与えたもので,了庵54歳の筆になるもの。温順な筆致には,趙孟フの影響が認められる。

 

日本东京国立博物馆国宝书法藏品欣赏

虚堂智愚筆紙本墨書,縦28.5 横70.0,南宋時代13世紀,松平直亮氏寄贈

径山万寿寺などに歴住した高僧虚堂智愚(1185-1269)が,日本僧の無象静照に書き与えた法語である。無相は景定3年,育王山に虚堂智愚を訪ね,咸淳元年に帰国,のちに京都の仏心寺の開山となった。したがってこの墨跡は,虚堂78,9歳のころの揮毫になるものと推定される。武野紹鴎の愛玩を経て,京都の豪商大文字屋の所蔵時に砕破されたため,「破れ虚堂」の別称がある。のち松平不昧公の手に移り,雲州松平家に伝来した。


标签:书法藏品 国立博物馆 国宝书法 
更多

手机版部分浏览器支持左右滑动翻页

图库精选

联系我们 - 免责声明 - 网站地图